サイトマップ

Gleason-Saikuni

会社情報

ホーム > 会社情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

斎藤国平青年が高い志を持ち、金属加工業として独立したのは1952年でした。彼は、下請けの加工業から脱却し、自社ブランドを冠した機械を世に出す事を夢見て堅実に歩みを進めました。そして、社業を託された子息達の時代には自社ブランド、サイクニのラック盤・CNCブレード研削盤を開発、製造し広く国内のマーケットに受け入れられました。グリーソン社とは、1997年のNCGブレード研削盤のOEM契約以来主に日本・アジア向けの戦略機種の製造等、密接な関係を築いてきました。そして、東京オリンピックが決まった2013年、グリーソンサイクニ株式会社として新たな時代を迎えることとなりました。

グリーソン社の製造拠点の一つとして、グリーソン社の持てる技術を直接設計に反映し、皆様のご要望にお応えする機械作りが出来る体制となりました。サイクニの実直で愚直な機械作りの伝統を継承しながら、品質に拘り、皆様の歯車生産に貢献出来ます高精度・高機能な機械を送り出してまいります。変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

グリーソンサイクニ株式会社
代表取締役 社長 松原 隆弘

Saikuni has been known as a leading manufacturer of gear cutting tool sharpening equipment, cutting tool inspection equipment, rack milling and grinding machines and other metal cutting and finishing equipment. Saikuni has manufactured certain Gleason products, including Gleason’s BPG Blade Profile Grinding Machine, for sale both in Japan and abroad, and Gleason has worked with Saikuni in selling certain of its products as well.

Given Gleason’s strategic partnership with Saikuni since 1997, the significance of the domestic market and our large customer base within Asia, the acquisition strengthens our ability to provide our customers in Japan and the broader region with effective local solutions and support.

We certainly would like to contribute to your gear production by our high quality machines as Re-born Gleason-Saikuni.

Gleason-Saikuni Co., Ltd.
Takahiro M. Matsubara
President

PAGE TOP